ダイエットtips

ダイエットに関しての秘訣やヒントなどを紹介します

スポンサード リンク

生姜サプリメントの形状タイプの違いと摂取の方法について

生姜サプリメントは、通常は錠剤の場合が多いのですが、その他のタイプもあるようです。
どのようなタイプがあり、飲み方はどんな方法なのでしょうか。

・生姜サプリメントの主な形状

大きく分けて錠剤タイプとドリンクタイプ、粉末タイプ、ティーパックタイプに分かれます。
一番多いのは錠剤タイプになります。
錠剤の場合は、なんといっても手軽さが特徴です。
持ち運びも簡単ですから、旅行などにも持っていけます。
基本的に水さえあれば、飲むことができます。
錠剤なので、それ程生姜の味を感じることもなく、生姜の辛みが嫌いという人にも、味を気にすることなく摂取することができます。
ドリンクタイプは生姜そのものの味がしまので、生姜自体が好きだという人には良いですし、デザートにかけたり他のドリンクに混ぜたりなどバリエーションの豊富な飲み方ができるでしょう。
体の吸収率は錠剤よりは高いですが、ただ持ち運びには適さないでしょう。
粉末タイプは、何らかの水分に溶かして飲む方法です。
袋に入っていますから、比較的持ち運びも手軽です。
出先にも持って行けて、他の飲み物に混ぜて飲むことができます。
お料理やお菓子に混ぜて取ることもできますから、豊富な飲み方があります。
ティーパックタイプは紅茶に生姜が入れてありますので、普段のお茶のように飲むことができます。
リラックスしたいときに、お茶請けとして紅茶を飲む感覚で取ることができるでしょう。

・様々な形状タイプの注意点

錠剤は製品によっては、多くの数を飲む必要がある場合があります。
これは案外、面倒でもあり人によっては3粒でも、苦痛を感じることがあります。
特に高齢者は嚥下が悪いので、飲み込むことが苦痛の場合もあります。
ドリンクタイプは、生姜の味が苦手な人には向きません。
また価格が高い製品が多いです。
粉末タイプは湿気を帯びないように、注意が必要です。
ティーパックタイプはお茶としてしか、飲むことができません。
同じ飲み方ばかりだと、飽きてしまうこともあります。
バリエーションを考えて、日々の飲み方に変化を与えて飲み続けるためには、忍耐力が必要になるかもしれせん。
お茶に何かを入れるなどの工夫もできなくないので、認容できる範囲で、色々な飲み方を考えてみるのも面白いでしょう。

いろいろな形状があるので、迷いやすいですが、自分が一番楽を感じるものが良いと思います。
料理やお菓子、ドリンクに混ぜられると、変化が楽しいかもしれませんね。

スポンサード リンク