ダイエットtips

ダイエットに関しての秘訣やヒントなどを紹介します

スポンサード リンク

妊婦でも生姜サプリメントを飲み続けることは可能なの?

妊婦は赤ちゃんがお腹にいますから、通常とは違う体の状態になります。
そんな妊婦は、生姜サプリメントを長く飲むことができるのでしょうか。

・妊娠中の冷えの影響

妊娠すると自律神経が乱れたり、血行不良やホルモンのバランスが崩れ、体が冷えやすくなります。
冷えることで血流が悪くなり、つわりが強くなったり便秘や腰の痛み、むくみやお腹の張りなどもでやすくなります。
血流が悪いことで、赤ちゃんが入っている羊水も冷えることになります。
そうなると赤ちゃんが暖かさを求めて、羊水の中を動くことが多くなるので、逆子になるリスクも多くなります。
栄養は血液から送られますから、血流の悪さは栄養を十分に胎児に行き渡らせることができず、早産や流産の可能性もでます。
また常位胎盤早期剥離や、低体重児の出産にもつながりやすいです。
出産においても、冷えは筋肉が固くし、陣痛が弱くなってしまいます。
それは血液循環の低下により、痛みへの反応が強くなるので、痛みを警戒して体が本能的に陣痛を弱くしてしまうのです。
それで出産時間が長くなったり、促進剤を使わなければならなくなります。
また出産後の母乳も冷えていると、質が良くないので、赤ちゃんが飲まなかったりします。
このように妊娠中の冷えは、妊婦や赤ちゃんにとって、改善しなければならないことのようです。

・生姜サプリメントを妊婦が飲む

冷えを改善するために良いものとして、生姜サプリメントがあります。
これは生姜から作られたものですから、体を温めてくれます。
それは妊婦や赤ちゃんにとっては、とても良いことです。
冷えの解消は妊娠から出産、出産後にかけて大切なことになりますから、生姜サプリメントを飲んで行くことは良いようです。
体を温めることは筋肉が緩む事にもつながりますので、とかく動きが鈍くなりやすい妊婦も、筋肉が柔軟になれば出産だけではなく日常生活のスムーズな動きにも繋がるでしょう。


冷えは産後の母乳にも影響があるので、生姜サプリメントを上手に利用したいものです。
ただし調子が悪くなったり、飲み過ぎは良くないので、不安に思ったら医師に相談しましょう。

スポンサード リンク