ダイエットtips

ダイエットに関しての秘訣やヒントなどを紹介します

スポンサード リンク

小腹が空いた時のおやつに最適なドライマンゴーの特長

マンゴーダイエットでは、間食にドライマンゴーを食べるのがおすすめだそうです。
小腹がすいた時でも、口にする物に気をつける事でダイエット効果に期待ができますね。
おやつに最適なドライマンゴー、その特徴を見ていきましょう。

・ドライマンゴーには栄養が沢山詰まっている

乾燥させて作られるドライマンゴーには、生のマンゴーと比べて倍以上の栄養が凝縮されています。
しかも水分をほとんど含まないので、噛みごたえがあり、腹もちも良いそうです。
ドライマンゴーに多く含まれている栄養素は、私達の体に無くてはならない物ばかりですから、積極的に摂るようにしましょう。
主な栄養素としては、肌や髪を健康的にするビタミンAや、貧血予防や免疫力を高める鉄分などです。
その他にもシワ、美白に効くビタミンEや、アンチエイジング効果が見込めるβカロチンも豊富に含まれています。
また食物繊維も多いので、便秘解消やダイエットにもしっかり作用してくれます。
特に女性にとっては嬉しい成分と言えるのではないでしょうか。

・ドライマンゴーを食べる時の注意点

栄養がギュっと詰まったドライマンゴーですが、実はカロリーもギュっと凝縮されています。
ご飯100グラムが約170キロカロリーなのに対し、ドライマンゴーは約360キロカロリーもあり、なんと2倍以上の差があるのです。
体に良いからと沢山食べ過ぎると、高カロリーで逆に太ってしまうので注意して下さい。
間食時に食べる量は1日3切れ、40グラム程度に抑える様にしましょう。
また、砂糖漬けになっているドライマンゴーではなく、砂糖を使用していない物を選ぶ事でもカロリーダウンに繋がります。
咀嚼は満腹中枢を刺激し食べ過ぎ防止になるので、良く噛んで食べるのも重要です。
少ない量でも、満足を得られるような工夫が必要となるのですね。

ダイエット時は栄養が足りなくなる恐れがありますが、ドライマンゴーならその点も安心です。
注意事項に気をつけ、ダイエットに取り組んでいきましょう。

スポンサード リンク